向附生湯葉造り 竹の子【あしらい一色】

焚合竹の子のお鍋【若布 菜の花 湯葉 鯛の子 桜麩 木の芽】まさに春が旬の筍、孟宗竹が琉球を経て、薩摩へ渡ったのは十八世紀ごろ京都へいち早く移植され、京都名物になり「朝堀竹の子」は柔らかく絶品です。

焼物桜鱒と子持ち諸子木の芽焼き【蕗】 

間肴鰻よもぎ饅頭【銀餡 山葵】季節ごとに趣向を凝らしたお饅頭を蒸し物にして味わっていただきます。今回の春は、芋を蒸し裏漉ししたペーストに、よもぎを混ぜ鰻を包み、饅頭にしました。よもぎの香りが春らしい一品です。

油物野菜天婦羅【南京 茄子 椎茸 竹の子 たらの芽】

~他四品~